テーマ別掲示板

新しいトピック〕〔トピック一覧〕〔ホーム

筋肉のけいれん トピック削除
No.179-TOPIC - 2004/05/12 (水) 11:48:30 - よし
自己紹介をしたばかりのよしです。
早速で申し訳ないのですが、最近の悩みを聞いてください。

それは筋肉の痙攣です。一部分なのですが、痛みのない筋肉の不随運動に
悩まされています。いつ、どこが痙攣するのかまったくわからないのです
が、とにかく痙攣のしない場所がないぐらいで、一度始まると何時間も痙
攣しっぱなしの事もあります。
筋肉があるところなら顔から足までどこでも痙攣します。
と思えば何日も忘れていることもあります。

神経内科で血液検査をしてもらいましたが異常なしでした。
不安感の強い人は起こりやすいと言われましたが聞いたことがありません。

同じ症状の方はおられますか?
もしおられましたら、どのような対策をとっておられるかお聞かせ下さい。
よろしくお願いします。
 
- このトピックにメッセージを投稿する -


3095件 ( 1 〜 20 )  前 |  1/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. /155


(無題) 削除/引用
No.179-3268 - 2017/09/12 (火) 12:02:50 - シュー
 いまもこちらをのぞきにきていますが、書き込みは少し久々です。るるさんとはぴくつき歴が同じくらいなので、元気でいることがうれしいです。ねこぱんちさんも不調とうまく付き合いながらの毎日だとおもいますが、お互いに日常生活を送れていることをうれしく思います。神経内科に通いまくっいた私が、神経内科に行かない生活を更新中です。きっといままた行ってしまったら、また通い続ける日々になりそうだから行かないのもあります。症状はなくなったわけではありません。ぴくつきはやはりいまも健在です。特に目や顔に最近は感じます。しかし、脳に異常はなし。テレビをみてもぴくついていないのをうらやましく思います。舌は今も震えています。先生は舌はだしたら震えるよ、といっていたのですが、やっぱり気にはなります。それでも3年すぎました。忘れたくても時々思い出してしまいますが、なんとかやってます。腕もびくつくし、足もおしりもぴくつき自体はよくなってはいませんが、病気でもない・・・病気でないことがありがたいけど、顔のぴくつき感や変な痺れ感はいまもあったりなかったりで、参ります。いまもここは私の困ったときの相談所であります。

皆さま 削除/引用
No.179-3267 - 2017/09/01 (金) 10:35:08 - もんど
それから、とても気になる記事を見つけました。以下

京都大学iPS細胞研究所の高橋淳教授らの研究チームは30日、人のiPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病のサルに移植し、手足の震えなどの症状が軽減したとする研究成果を発表した。霊長類で効果が確認されたのは初めて。2018年度中にもパーキンソン病患者を対象にした再生医療の臨床試験(治験)の開始を目指す。高橋教授は「(治験に使う)手法の有効性や安全性に問題がないことが確認された」としている。

 研究成果は英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。

 パーキンソン病は脳の神経伝達物質であるドーパミンを出す神経細胞が減ることで発症する。手足の震えや歩行障害などが起こる。国内には約16万人の患者がいるとされる。既存薬や電極を脳にうめ込む治療法などでは、症状の改善はできても根治はできなかった。

 研究チームはパーキンソン病患者などの細胞をもとにしたiPS細胞からドーパミンを出す神経細胞を作製。これをパーキンソン病の症状を再現したカニクイザルの脳に移植した。

 移植後1年間経過を観察すると、震えや運動能力の低下などのパーキンソン病の症状は時間がたつにつれて軽減したという。健康な人の細胞をもとに作った神経細胞を移植した場合でも同じ結果だった。移植後のサルの様子を調べると、移植前に比べて表情が豊かになったり、活動が活発になったりした。

 安全性を確かめるため、磁気共鳴画像装置(MRI)などを使って移植後約2年間、移植した細胞の変化を観察したが、腫瘍にはならなかった。 研究チームは、京大iPS細胞研究所にあらかじめ蓄積した健康な人のiPS細胞を利用して治験をする方針。高橋教授は「18年夏から秋にかけて治験が開始できれば」と期待を述べた。

 高橋教授は理化学研究所などとの別の研究で、患者以外のiPS細胞から作った神経細胞を移植すると、拒絶反応が起こることもサルの実験で確かめた。白血球の型を合わせたり、免疫抑制剤を使ったりすると抑制できた。従来、脳は拒絶反応が起こりにくいと考えられていた。成果は治験の参考になるという。

8月31日に、各メディアよりニュース配信されています。私たちが悩んでいる「ピクつき」と、パーキンソン病は、症状も大きさも違いますが、例えば、「本態性振戦」や「チック(頻繁な瞬きなどの「運動性チック」、咳払いや、声が出てしまう「音声チック」)」「トゥレット症候群(チックより、もっと大きな症状で、例えば児童期であれば通級など、普通クラスとは分けられる事がある)」など、いずれも「自分の意思に関わらず、不随意で出てしまう症状」に悩まされている方は「神経内科」の分野にあたります。
先ずは国内治験で効果があり、外科的手術のエビデンスが得られて、安全性やQOLの向上が認められれば、パーキンソン病の方は凄く助かると思います。そしていつか私たちのような症状にも応用されたら良いな、と思います。ただ、このように書きながら、あちこちピクつく、ということ自体は、痛いわけではないし(私は)、逆に手術対象とまではならないのかもしれない、とも思いました。

朝晩 涼しくなりました、皆さま、急激な気温変化に気を付けてお過ごしください。

ピクピクさん るるさん 削除/引用
No.179-3266 - 2017/09/01 (金) 10:12:58 - もんど
はじめまして。以前より、お二人の書き込み、拝見しておりました。
ピクピクさんの書き込みは、前向きな感じがして、私もピクピクさんのように前向きにいきたい、と参考にさせていただいておりました。
るるさんの書き込みは、ピクつき歴が同じ位ですので、症状を参考にさせていただいておりました。
ピクつきのある方が、過去にパニックを起こしたかどうかはあまり関係ないかもしれないですね。
私の近況は、長時間にわたる右上腕のピクつきは、前回の書き込み以来、止まっています。その後、たまたまですが、ネットで「五十肩で上腕の筋肉のピクつきも良く見られる症状」と書いてあるのを見つけました!五十肩は、その周辺の筋肉が固まってひきつり、その周辺の大きな筋肉である、肩甲骨周りや上腕はピクつきを起こしやすいのだそうです。同じ症状の方の参考になれば…と思います。

(無題) 削除/引用
No.179-3265 - 2017/08/26 (土) 07:40:06 - るる
ちなみに私は2014年5月19日から、こちらの掲示板に書き込ませていただいています。3年とちょっと経ちましたね。

(無題) 削除/引用
No.179-3264 - 2017/08/26 (土) 07:29:22 - るる
おはようございます!

私あてにメッセージをくださった方、個別にお返事していなくて申し訳ありません。
こちらに久しぶりにきました(^_^)

ぴくつきは全身相変わらずですが、元気にやっています。

服の上からも見て分かるほどの筋肉の動きもあり、やれやれです。
私もパニック発作を起こしたことがないですが、難病かもしれないと思い検索を始めた途端に、全身にぴくつきが広がったと思います。
私の場合は、ぴくつきどころか手足の指が勝手に動く事もしょっちゅうなので、「これは絶対に普通ではない」と、一時期ひどく落ち込みました。

しかし症状を診てもらって検査も何度も何度もしてもらって、どの医師も誰も深刻な顔はしませんでした。
(むしろ、「え…まだ心配?」「もう来なくていいよ」って感じです(^o^;))

私の性格としては、典型的A型で、極度の心配性です。ぴくつきが始まったのは、もしかしたら心因性なのかもしれません。
が、もう気にしなくなった今でも、四六時中あらゆるところでぴくぴくしているので、何かなんかな、とは思っています。
漢方は私は結局効きませんでした。

緊張してても、落ち着いていても、ぴくつきに基本変化はないですが、例えば腕を机に置いているときとか曲げてるときとか、圧迫しているその場所にぴくつきが強いかな?と思う事があります。
血行が悪い…?それもネットでさんざん調べましたけど血行が悪いときの症状とあんまりヒットしなかったり
やはり結局調べてもきりがない感じです(^o^;)

私は、舌に大きな亀裂があるし、携帯落としたことから始まっているし…ですが、今でもぴくつき以外は本当に普通に過ごしていますよ。

また来ます(*^^*)

(無題) 削除/引用
No.179-3263 - 2017/08/18 (金) 21:39:36 - ピクピク
でも筋緊張性ジストロフィーは遺伝性の病気でした!身内に居ないので違うかもしれません!!先日は、お盆休みなので、先祖の墓参りへ生きました。
いつものように、缶ビールを開けて墓石にかけようとしたら、右手の親指がつってしまいました。炎天下のなか1人墓石の前で3分位立ち尽くしてしまいました。
帰るとバタンキューでした(ToT)

(無題) 削除/引用
No.179-3262 - 2017/08/18 (金) 21:23:51 - ピクピク
3日前から右手の親指だけが、力を入れるとピクピクとして戻りづらい症状が出ました!!この症状は最初の頃もたまにありました!
調べるところ、筋緊張性ジストロフィーなど出てきましたが、慣れでしょうか?全く不安に思いませんでしたよ!
なので、こんな症状が出ても私のようにダンベル持てる人もいるので安心して下さい(^.^)

(無題) 削除/引用
No.179-3261 - 2017/08/18 (金) 21:11:50 - ピクピク
皆さん、元気そうですね(^.^)
私はこの掲示板を忘れるほどピクピクが減りました!!
しかし、右半身の原因不明の痩せは変わりないです!でも普通に力は入りますしダンベルも持てます!!
原因不明です!なので、たとえ筋肉がピクピクしても、痩せても難病とは限らないのかもしらません(*^o^)/\(^-^*)

もんどさん 削除/引用
No.179-3260 - 2017/08/17 (木) 21:25:21 - ruru
パニック発作の経験はないのですが、最初にぴくつきに気づいた後、
ネットで調べてみるとALSの症状のひとつと知ってから、一気に
全身に広がりました。なので、心因性のものかなと期待を抱いていた
のですが、症状が変わらないため、やはり神経性のものではと疑いを
強めているところです。ぴくつきは明らかな筋力低下や筋萎縮が見られてからという情報の方が多いようですが、初期から出るという情報も
あるため、不安をぬぐえません。

おとなしくんさん ruruさん 削除/引用
No.179-3259 - 2017/08/17 (木) 20:49:44 - もんど
はじめまして、もんどと申します。ピクつき歴2年半です。
お二方、ピクつきが始まった前に、パニック発作のご経験はありますか?

私は、パニックか一度起きたことがあった後、ピクつき体質になりました。このサイトでもそういった経験のある方がいらっしゃいますので質問してみました。

ピクつかないで済むなら、そうなりたい、と思います。芍薬甘草湯、半年とか飲んでみたら効果が出るかな。なんでもやってみたいです。

(無題) 削除/引用
No.179-3258 - 2017/08/17 (木) 20:38:56 - ruru
初めて書き込みさせていただきます。50代男性(好発年齢)です。
2ケ月前から、ほぼ全身にぴくつきが出はじめ、2週間毎に神経内科を受診していますが、力比べ、反射、血液検査で異常なしのため経過観察となっています。処方されている薬の中に芍薬甘草湯がありますが、ぴくつきは変わっていないように思います。
首や瞼、頬にもぴくつきが出るため、球麻痺も含め恐れているところ
ですが、皆さんの過去ログを読ませていただき勇気づけられています。

筋肉の痙攣ピクつき 削除/引用
No.179-3257 - 2017/08/15 (火) 15:54:00 - おとなしくん
筋肉の痙攣やピクつきの人結構いますが、私もピクつきます。もう何年もこんな感じで長いのですが、疲れているとか睡眠不足とか関係なくピクつきます。静かにしているときに多いようです。
ある事で精神科に受診したとき一緒に診てもらったのですが、神経質の人に多いそうです。私が聞いた病名ですが、繊維即攣縮(せんいそくれんしゅく)と言う病気らしいです。私が通院していた病院はそんなに大きな病院ではなくてそれを治せる薬はないのですと言われました。(大きな病院ならあるのかもしれませんが?)でも先生が漢方使ってみないかといわれ「芍薬甘草湯」を処方してくれました。芍薬甘草湯を呑んだところ完全とはいきませんがピクつきは小さなってきました。小さくなってくると自然に忘れてピクつきはなくなりますよ。それに運動するとか動いていた方が忘れられますね。

ねこぱんちさん 削除/引用
No.179-3256 - 2017/07/29 (土) 21:51:43 - もんど
結局私の昨日の右上腕のピクつきは、12時間ほど続き、ピタッと止まりました。また今朝目が覚めたら、右上腕がしばらくピクつきましたが、起き上がる前に止まり、今日はなぜかピクつきはありませんでした。ただ瞼、脇腹や太腿裏、ふくらはぎ、足の裏のピクつきなどは毎日ちょくちょくあります、このちょくちょくあるピクつきが起こらない日は無いわけです。
それとねこぱんちさん、私も、頭皮にピクつき、ありました!最近はないけど初めてピクついた時はびっくりしました。頭皮も筋肉あるんだな、と思いました。
ねこぱんちさん、私てっきり、ねこぱんちさんは悩み抜いた末に、もう達観の域に達していらっしゃるのかと思っていたのですが、そうではなかったのですね、勝手な推測をして、すみませんでした。ねこぱんちさんも私も、毎日達観出来れば良いな…の日々の繰り返しですよね。ただ、ピクつきも、自分が勝手に恐怖を作り上げている、と書かれていましたよね。確かにそれは自分でも思い当たります。この2年半、おそらくピクつきが毎日どこかしらで起きていても、忙しくてピクつきを意識しない日が続いていると、ピクつきを忘れていて全く気付いていない時期がありました。そして、その時期は、こちらの掲示板はのぞきには来ていませんでした。だから、最近の私の書き込みは最早備忘録となっていて、ピクつきに囚われた毎日になっているのだと思います。わかってはいるのです…
そして私もピクつきが気になり出すと、美容院に行けなかったり、もちろん、友達とランチなんかも行けなかったし、土日は午前中家事だけ終えたら、午後から夕方はずっと横になっていました。子どもにこの様子を見せてしまっていたのが、今となっては悔やまれます…周りのお母さん方はいつもキラキラ、元気はつらつな方ばかりなのに。でもそんな中、ピクつきではないけどストレスで耳鳴りが止まらない、とおっしゃるお母さんがいました。家庭や仕事のことで寝不足が続いて、そうなったのだと。
先ほど、Yahoo!の記事で、ジャニーズのあるタレントさんが最近、突発性難聴に罹患され、そのコメント欄をみていたら、やはりストレスや過労から突発性難聴になり、耳鳴りが止まらなくなった方が大変多くいらっしゃるようなのです、その中で「自分は数年間、耳鳴りが止まらないせいで、人生の30%が楽しくなくなりました」との書き込みをされている方がいらっしゃいました。私と症状は違うのですが、やはり、一つの症状で人生が楽しく思えなくなっている方々はたくさんいらっしゃるのだな、見た目にはわからないけど、みんな違和感や困難を抱えながら、生きているんだな、と同感しました。そう思うと少しばかり、前を向いて行こうとも思えました。今日は、上腕のピクつきが止まっているからこのように書き込み出来る自分もいるのですが(苦笑)
無罪放免をくれない医者…確かに、命にかかわらない症状なんて、誰も研究せず、そうなるとこの症状を知る医者自体ほとんど居なくて、ピクつきを訴える患者に何と言って返すか…となると、根拠もないのに無罪放免に出来るわけないですよね。もっともっとこの症状に問題意識を持つ人が増えて、かかりつけ医にどんどん訴えていったら良いな、と思います。

分かります。 削除/引用
No.179-3255 - 2017/07/28 (金) 23:01:40 - ねこぱんち
こんばんは。
もんどさん。
わたしは達観できている訳ではなくて、
達観できるよう必死な処に今、居ます。

わたしのぴくつきもほぼ一日中あります。
全身です。頭皮や足の甲、こんなところにも筋肉があるんだ!
と、びっくりすることも多々とありました。
達観はできていませんが、以前のような恐怖はありません。
恐怖は自分で作り出していた部分が、わたしの場合は大きかったです。

新しい服も買わず、美容院にも行けない日が約一年以上続きました。
自分は恐ろしい病気に違いない。
そう思っていたから、友達と出掛けたりもできませんでした。

最近は症状があっても、それに生活を苛まれても
仕方ないなぁと思えかけただけのことなんですよ。
無罪放免をくれない医者にも争う気持ちなのかもしれませんね。

やはり 削除/引用
No.179-3254 - 2017/07/28 (金) 11:46:11 - もんど
まだまだ腕の筋肉のピクつきは止まりません。もう仕方ないのでしょうか。過去の書き込みを読み返して、気持ちを落ち着けたいと思いますが、もともと五十肩の痛みがあるので、整形外科で診てもらわないといけないのかな…腱板断裂の前触れかもしれないのかな、とか。肩は動かすときに痛くなったりして、、普段うごかさなければ痛くなかったりだから、なかなか整形外科まで行かなかったのです。こんなに悩んでしまう弱い自分に嫌気がします。

シューさん 削除/引用
No.179-3253 - 2017/07/28 (金) 09:01:44 - もんど
私も、一時期本当にひどい状態の時がありました、肌もガサガサになり、体重も2週間で6キロ落ちたり…1年かけて体重は戻りましたが、肌はなかなか…皮膚科で処方されたヒルドイドでだいぶましになりましたが、やはり、シューさんと同じく、周りの同世代と比べてみると、気分の落ち込みが顔に出ている毎日…キラキラしてるお母さん方を見ると、ますます落ち込みます。

そしてまた今朝起き抜けから、3日前と同じく、右上腕外側のピクつきが始まりました。動かせているし、力も入ってはいるので、生物学的には異常無しなのでしょうけど、やはり、動きの大きいところなので、どうしても気になります。これを気にしないようにするために、「顔じゃなくて良かった」と置き換えて過ごすしか無さそうです。(私は鼻の横や頬に出るのが自分で辛い症状なのです)では仕事に行って来ます。

もんどさん 削除/引用
No.179-3252 - 2017/07/27 (木) 16:28:40 - シュー
 わたしももんどさんと同じです。いろんな不調があります。年は41歳です。同じ年の人をみても、若くみえる人もいるのに、自分はひとりで心配をしょいこんで、自分の顔も嫌いです。ぴくつきは顔にもあるし、肌もボロボロだし。気持ちが落ち込んでいたのが顔にもしっかり出てる感じです。3年たっても続いてる、でも生きてます。ほんとにもっと元気に生きたいけどね不安が大きい気持ちはもんどさんと一緒です。こんな気持ちを言える人も、言える場所も近くにはないからここで助けられてます。ぴくつきだけだと病気でないよ、と言ってくれた先生の言葉を頼って「大丈夫」と言い聞かせてますが、完全に気持ちがぶれない日は遠いです。ほんとに医師の言葉にも左右されますよね。私の書き込みをみてくださっているということで、最初の医師の言葉がひどかったことを知っているかとおもいますが、もんどさんが痺れを気にしないことを医師から言われて、落ち着いていることはいいことだと思います。ぴくつきは命にかかわらないものなので、なかなか研究もされないとよしさんが教えてくれましたが、診察して病気でないよ、としっかり教えてれる医師が増えることを願います。

ねこぱんちさん 削除/引用
No.179-3251 - 2017/07/27 (木) 10:48:24 - もんど
私も、ねこぱんちさんのようにピクつきのこと、達観できる日が来ると良いのですが…一昨日腕のピクつきが9時間止まらなかった時は凹みました。腕の筋肉のピクつきは、かなり大きく感じたんです。結局止まりましたが、へこむんです、やはり。また起きるんじゃないか?と。腕ならまだしも、まぶたや眉、鼻の横、唇周りなど、顔に出て止まらなかったらどうしようか、と。私のピクつきは2年半ほど前、それはある悩みを抱えて4カ月ほど経った頃、ソファでうたた寝して起きたら、左後首筋から肩にかけて、ピクつきが始まり、それが数分の間隔を空けながら1週間ほど続いたのが始まりでした。湿布わ貼ったら止まったんです、寝違いかな?と思ったのですが、その後、ふくらはぎや太もも、脇腹と…今年の4月からは顔もピク、っとなるようになりました。瞼は2時間くらい高速の痙攣が続いた事がありました、でも止まりましたが。結局広がっている、というか、この程度でおさまっている、という状況なのか…抱えていた悩みは解決したのに、ピクつきはおさまらない。ピクつき体質になったらもう、ピクつかない体には戻らないのでしょうね。ねこぱんちさんのように、かかりつけ医に、筋肉のピクつきの事を啓蒙して行く、というのはとても素晴らしい事だと思いました!医師でも、自分でピクつきを感じられない医師に当たったら、患者さんから、「ピクつきで困ってます」って言われても、「筋肉がピクついて止まらないの?おかしいよ、それ」って返されそうで、それが怖くてなかなか自分からは言えそうにはないです。でも、言えるようになって、もっとこの症状が世間に身近に知られるようになって欲しい、と思います。

シューさん 削除/引用
No.179-3250 - 2017/07/27 (木) 10:20:40 - もんど
お返事くださって、ありがとうございます。きっとシューさんは私よりもお若い世代の方だと思います。お子さんがまだ小さいですよね。シューさんの今までの書き込みに、いつも自分の気持ちを重ね合わせて、何とか頑張って過ごして来ました。確かにシューさんがおっしゃる通り、2年半も経ってから病院に行っても、良性のミオキミア、と言われるかもしれません。ピクつきが「良性」って、どういう意味なんでしょうね。ピクつかないのが本当の良性なのでは?と思ったりします。私はピクつきだけではなく、足や腕のしびれ感、手首痛、五十肩、緊張型頭痛による後頭部のしびれ感、また他の不定愁訴にも悩まされています。目のかすみ、喉の詰まり感、漠然とした不安感が続いたり、ひどい時は嫌な感じのぞわぞわ感、眠りについてから1時間ほどからの度重なる中途覚醒など、いわゆる自律神経失調症というものが根底にあり、それはプレ更年期〜更年期にかかっていることが原因のようです、ホルモン数値の血液検査もしましたが、かといって、ホルモン療法の対象までには至っておらず、漢方の加味逍遙散・半夏厚朴湯を処方されています。半年ほど飲んでいますが、効いているのかいないのか…しびれについては、ペインクリニックのドクターに「しびれは脳に異常がなければ、気にしないこと。」と言われた事で少し、自分を納得させられるようになりました。今は子どもが思春期に差し掛かり、進路のこと、特に今は部活と塾の両立や、また家庭的には家の購入の予定があり、住む場所をどの地域に、いつ頃?予算は?など。それに夫の仕事上、数年後には給与が一定額に下げられる、というのがわかっており、そういったことが常に頭にあり、そんな中、遠方から友人が遊びに来るから、久しぶりに会う、と予定を立てても、いつも自分だけ楽しめていない感じがします。一時期の体調の悪かった時よりは今はずいぶん良くなった実感はあるのですが、一昨日なんて朝朝6時に起きてから、昼3時まで、右肩後ろの腕のピクつきが9時間止まりませんでした。やはり「止まらない、どうしよう」と不安と戦う自分に疲れました。今は止まっているんですけどね。

皆さん。 削除/引用
No.179-3249 - 2017/07/18 (火) 16:30:39 - ねこぱんち
ここに集う皆さん、こんにちは。ご無沙汰しています。
蒸し暑い毎日ですが、いかがお過ごしですか?

私はピク付き歴は2年半になります。脱力感、痺れも伴いました。
掌の筋肉の萎縮も分かりやすくあります。

当初はこの症状を深刻に受け止めて、
仕事を休んでまで、病院探しに翻弄されました。
わたしの場合はしばらく様子を見てと言われたのですが、
とにかく早くこの全身のピク付きの犯人を知りたくて。

何より、原因が断定できないことでのストレスが
気持ちの不安定さを大きく手招いていたように思います。
もともとが心配性であり、ネガティヴな方面に考えてしまう癖があります。

2年経った頃に神経内科通いをやめました。
実は医者には無罪放免と言われてはいません。
わたしの出会った医者は全て「あなたは大丈夫」
とは、言ってくださいませんでした。
「ゆっくり進む場合もありますから、気をつけて」
「何か症状が進めば、一刻も早く受診を」と言われました。

その言葉から「あぁ、わたしは様子観察中なんだ。」と、
落ち込みもしましたが、現実のわたしは、
筋肉がピク付いても、腕がだるくても、筋肉が萎縮していても、
仕事に行き、家事をこなし、毎日を笑顔で過ごせています。

最近もとある医者に「筋肉がピクつくの?」と、心配されましたが、
「こんな方、おられるみたいですよ。ご存知ないですか?」
「お医者さんにも分からないことってあるんですね」と言う会話をしました。
そして「起こらない可能性もある心配なことを待っていても仕方ない」
「わたしはもう気にしていないので、先生も気にしないでください」
と、お話をしました。

ピク付きをあちこちで、わざわざ話すこともないのですが、
わたしは意識して、風邪で掛かっただけの医者にも話します。
ピク付きがあっても、普通に暮らし、元気に過ごしている者もいると、
特に医療関係者に知ってほしいのです。

自分みたいに、恐怖に囚われて、曇った表情で、日々の暮らしに集中できず、
毎日を疎かにしてしまう人が少しでも減って欲しいのです。

この文面を読んでくださるあなたも、
どうか必要以上の心配はなさらず過ごして欲しいのです。
何か病変があれば、自分でも他人でも「これはおかしい」と思うはず。
どうにか毎日を過ごせているあなた。
毎日を症状に囚われず、あなたらしく生きて欲しいです。

3095件 ( 1 〜 20 )  前 |  1/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. /155



パスワード チェックした記事を このトピックを
     名前 
メール   アドレス非公開
   タイトル 
本文  通常モード 図表モード HTMLモード 本文中のアドレスを自動リンク
    
暗証    個人情報を保存 上に上げない 解決
スパム対策   ←スパム対策のため、半角数字で3809と入力してください。
 

〔投稿にあたっての留意事項〕
 ※ #{トピック番号(半角)}で当該トピックへリンクを設定できます。(例: #{10})
 ※ メールアドレスを公開しないでメールを受け取るには[アドレス非公開]をチェックします。
 
 ※ 同じ内容のメッセージを複数のトピックに投稿すること(マルチポスト)はご遠慮ください。
 ※ 半角カタカナ、機種依存文字(全角ローマ数字、○の中の数字等)は文字化けの原因となりますので使わないでください。
 ※ 誹謗中傷、個人情報等のプライバシー・人権・知的所有権の侵害に結びつくメッセージは削除されます。
 ※ 検索機能がついています。新トピックを作成する前に、同テーマのトピックがあるか必ず検索してください。